子育て応援情報

  •  食材高騰長期化 学校給食やりくり厳しく 会員限定記事

    2022年05月14日

     天候不順による不作やコロナ禍、ロシアによるウクライナ侵攻、円安など複合的な要因で食材が値上がりし、鳥取県内の小中学校の学校給食にも影響を及ぼしている。本紙調査によると、小麦や油脂類などの著しい価格上昇が響き、4町が保護者負担や公費増額で給食費の単価の値上げに踏み切った。県内産品の活用やメニューの工夫でしのいでいるが、高騰傾向の長期化に関係者は頭を悩ませている。

    »全文を読む
  •  園児事故 未然に防げ 県が「ヒヤリハット」事例集 会員限定記事

    2022年04月26日

     鳥取県は、県内の幼稚園や保育所などで実際に起きた、事故につながりかねないトラブル「ヒヤリハット」の事例集を作成した。鳥取市の私立幼稚園で2020年、やかんに入った熱いジュースが園児にかかり大やけどを負った事故を受け、対応を検証していた調査チームの提案を受けた取り組み。保育施設での安全管理対策への参考にしてもらう。県内全ての施設に周知し、県のホームページにも掲載している。

    »全文を読む
  •  7連休、保護者「休めない」 体験的学習活動等休業日導入 会員限定記事

    2022年04月23日

     鳥取市内の小中学校などで導入される「体験的学習活動等休業日」を巡り、保護者から不満が出ている。市教委などは、はざまの平日を休みにし、29日~5月5日を7連休にする方針。家庭でのふれあいや地域交流に充ててもらう狙いだが、共働きの家庭からは「休めない」という声も上がる。市教委は放課後児童クラブなどで預かれるようにする一方、保護者が休みを申請しやすいよう事業者に配慮を求めている。

    »全文を読む
  •  学力テスト 県内178校で実施 8900人挑む

    2022年04月20日

     小学6年と中学3年を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が一斉に行われた19日、鳥取県内では児童生徒約8900人が国語と算数・数学のほか、4年ぶりに実施された理科の問題に挑んだ。(4月20日3面参照)

    »全文を読む
  •  探求心育む子育て 「はぐくむセンター」開設記念 会員限定記事

    2022年04月17日

     学校法人翔英学園(米子市米原6丁目)内に開設された「はぐくむセンター」は15日、開設記念として、元陸上選手の為末大氏と元女子サッカー選手の大部由美センター長の対談会を市公会堂で開いた。両氏は「子どもたちの未来を考えよう」と題して、子どもの探求心を育む工夫や成功体験につながる接し方について意見を交わし、約300人が聞き入った。

    »全文を読む
  •  ようこそ1年生 鳥取県内小中学校など入学式 会員限定記事

    2022年04月09日

     鳥取県内のほとんどの小中義務教育学校で8日、入学式が行われた。新入生は緊張した表情を浮かべながらも希望に胸を膨らませ、新しい学校生活のスタートを切った。

    »全文を読む
  •  奥大山江府学園が開校 県西部初小中一貫義務教育学校

    2022年04月08日

     鳥取県西部初となる小中一貫の義務教育学校「奥大山江府学園」の開校式が7日、同町小江尾の旧江府小校舎で開かれた。児童生徒と教職員が、それぞれに新しい学園の伝統を築いていくことを誓った。

    »全文を読む
  •  成徳、灘手 小学校2校統合へ 来春の開校目指す 会員限定記事

    2022年04月06日

     倉吉市の成徳小(同市仲ノ町)と灘手小(同市尾原)の2校が統合し、2023年4月に新しい小学校として開校することが5日までに分かった。両校の統合準備委員会で開校の方向性を固めた。校舎は成徳小を使う。今後、市議会の議決を経て開校の手続きに入っていく。検討されていた明倫小(同市余戸谷町)との3校統合は意見が折り合わず、今回は見送った。開校に向け、市教委が市民から広く新校名を募っている。

    »全文を読む
  •  希望胸に巣立ち 中学校統合の江府小 最後の卒業式 会員限定記事

    2022年03月29日

     新年度から中学校と統合して義務教育学校へと生まれ変わる江府小(江府町小江尾)で18日、同小として最後の卒業式が行われた。19人の卒業生は下級生や教職員に見送られ、希望を胸に学びやを巣立った。同小は4月から奥大山江府学園「ブナの森校舎」として1~5年生が使用する。

    »全文を読む
  •  アプリ開発楽々提示へ 子育て応援パスポート電子化 会員限定記事

    2022年03月23日

     鳥取県は新年度、18歳未満の子どもを養育する家庭を対象に発行している「子育て応援パスポート」を電子化する。専用の「子育て王国アプリ」を開発。スマートフォンでパスポートを提示できるようにするほか、子育て関連イベントや支援策などの情報を配信し、子育て環境の充実を図る。

    »全文を読む