日本海政経懇話会2022

月23日鳥取、24日倉吉・米子

 日本海政経懇話会6月例会を開きます。会員の皆さまはいずれの会場でも参加できます。〈会員制〉


 ◆演題 「最新の国際情勢と日本経済に与える影響」
 ◆講師 外交政策研究所代表・立命館大客員教授
     宮家(みやけ) 邦彦(くにひこ)氏
〈東部例会〉
 ◇日時 6月23日(木)
     午後1時半
 ◇会場 ホテルモナーク鳥取(鳥取市永楽温泉町)
〈中部例会〉
 ◇日時 6月24日(金)
     午前10時半
 ◇会場 日本海新聞中部本社ホール(倉吉市上井町1丁目)
〈西部例会〉
 ◇日時 6月24日(金)
     午後1時半
 ◇会場 ANAクラウンプラザホテル米子(米子市久米町)

 【宮家氏略歴】 1953年神奈川県生まれ。78年東京大法学部卒、外務省入省。2000年在中国大使館公使。04年在イラク大使館公使、中東アフリカ局参事官など歴任。05年外交政策研究所代表に就任。キヤノングローバル戦略研究所外交安全保障研究主幹。
時代を読み、新時代を拓く

 日本海政経懇話会は、会員制セミナーです。世界を翻弄する新型コロナウイルス、そして激動する国際情勢や地球温暖化対策と脱炭素社会への変革…。日本国内の政治経済や地域の姿のみならず、わたしたちを取り巻くあらゆる環境が、いま大きく変わり始めています。

 次代を見据える羅針盤として各方面の論客を講師に迎え、鋭い洞察力と視点でこれからの日本や地域が進むべき進路を示し、提言を行います。年6回の例会と特別例会を開催します。会員はいずれの会場にも参加できるほか代理出席も可能。どなたでも入会できます。多くの皆様の入会をお待ちしています。

日本海政経懇話会2022年 会員特典
 日本海新聞が開催するイベントのご優待、または入場料を会員様限定(同伴1名まで可)で割引致します。
 優待・割引制度はその都度ご案内しますが、優待・割引を適用しないイベントもありますので、ご了承ください。
日本海新聞旅行部の企画旅行を5%割引
 日本海新聞旅行部が企画、販売する旅行代金を会員限定で5%割引します。同伴のご家族も対象とします。
定例会と特別例会への出席
 各界で活躍する著名な講師を迎え、東・中・西部の各会場で開催する年に6回の定例会、特別例会を開きます。
講演収録冊子、各種案内の送付
 講演を収録した冊子をお届けします。日本海新聞が開催する各種イベント情報や企画旅行などのご案内もお届けしています。
 会員様の企業から会員向けのパンフレットやご案内なども冊子送付に合わせて同封・配布するDMサービスも行っていますので、ご利用ください。
会員名簿の送付
 会員の氏名、住所、電話、ホームページやEメールアドレスなどをまとめた会員名簿をお届けします。データベースとしてご利用ください。

年会費(1月~12月)
55,000円(消費税込)

2022年の主な予定講師
〈2月例会〉
池上 彰 氏
ジャーナリスト
・2月22日(火)=鳥取市
〈3月例会〉
渋澤 健 氏
渋沢栄一玄孫
シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役
・3月24日(木)=米子市
・3月25日(金)=倉吉市
〈4月例会〉
田原総一朗 氏
評論家
ジャーナリスト
・4月13日(水)=米子市

竹田 恒泰 氏

作家
・4月20日(木)=鳥取市
・4月21日(金)=倉吉市
※新型コロナウイルスの感染状況などで日程、講師を変更する場合があります。


パンフレットはこちら


申し込み、問い合わせ
新日本海新聞社
本 社 〒680-8688 鳥取市富安2丁目137
TEL(0857)21-2885
FAX(0857)21-2891
中部本社 〒682-8505 倉吉市上井町1丁目156
TEL(0858)26-8340
FAX(0858)26-8310
西部本社 〒683-8520 米子市両三柳3060
TEL(0859)34-8813
FAX(0859)34-8817
但馬支社 〒669-6701 兵庫県新温泉町芦屋155―1
TEL(0796)82-4541
FAX(0796)82-4544


2022年の例会(肩書きは講演当時)

宮家氏の話に熱心に聞き入る会員ら=24日、倉吉市上井町1丁目の日本海新聞中部本社
6月中部例会

ロの侵攻「誤算目立つ」 外交政策研究所代表 宮家氏講演

 日本海政経懇話会(新日本海新聞社主催)の中部、西部例会が24日、倉吉、米子両市で開かれ、元外交官で外交政策研究所代表の宮家邦彦氏が講演。ロシアによるウクライナ侵攻について「侵攻はプーチンの戦略的な判断ミス。敗北を意識した側が妥協しないかぎり停戦はない」と訴えた。

ウクライナ情勢などを解説する宮家氏=23日、鳥取市永楽温泉町のホテルモナーク鳥取
6月東部例会

ウクライナ収束に時間 元外交官の宮家氏が解説

 日本海政経懇話会東部例会(新日本海新聞社主催)が23日、鳥取市永楽温泉町のホテルモナーク鳥取であり、元外交官で外交政策研究所代表の宮家邦彦氏が「最新の国際情勢と日本経済に与える影響」と題して講演した。ロシアによるウクライナ侵攻や、インド・太平洋地域での米中関係を中心に解説した。

竹田氏の講演を熱心に聞く会員ら=21日、倉吉市上井町1丁目のホテルセントパレス倉吉
4月中部例会

「日本の結束力は強み」竹田氏講演 歴史教育の必要性説く

 日本海政経懇話会(新日本海新聞社主催)の中部例会が21日、倉吉市上井町1丁目のホテルセントパレス倉吉であり、政治評論家で作家の竹田恒泰氏が講演。「戦争ではなく話し合いで国家を統治してきた日本の歴史を多くの国民が知ることが、国際戦略を打って出る上での強みになる」と述べ、今後の日本の立場を左右する重要性を説いた。

モノづくりが日本の力 竹田恒泰氏が講演
4月東部例会

モノづくりが日本の力 竹田恒泰氏が講演

 日本海政経懇話会の東部例会(新日本海新聞社主催)が20日、鳥取市であり、明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏が「日本人の底力~日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」と題して講演した。日本人がモノづくりで高い能力を発揮してきたことを紹介し「偽装ビジネスが増えているが、苦しくても正しい道を歩めるかが今の日本に問われている」と訴えた。

ロシアのウクライナ侵攻を踏まえた日本の安全保障について持論を展開する田原氏=13日、鳥取県米子市久米町のANAクラウンプラザホテル米子
4月西部例会

「最大の問題は日本の安保」 田原総一朗氏が講演

 日本海政経懇話会の西部例会(新日本海新聞社主催)が13日、鳥取県米子市久米町のANAクラウンプラザホテル米子であり、評論家・ジャーナリストの田原総一朗氏が「時代の先を読む」と題して講演、日本の安全保障や経済の課題について持論を展開した。

「と」の力を強調する渋沢氏=24日、鳥取県米子市久米町のANAクラウンプラザホテル米子
3月西部例会

選択ではなく両立を 渋沢健氏が講演

 日本海政経懇話会3月例会(新日本海新聞社主催)が24日、鳥取県米子市久米町のANAクラウンプラザホテル米子であり、日本資本主義の父といわれる渋沢栄一を高祖父に持ち、政府の新しい資本主義実現会議のメンバーでもある渋沢健氏が「渋沢栄一に学ぶ『論語と算盤(そろばん)』とSDGs」と題して講演した。

「コロナ禍は歴史の分岐点」との見方を示す池上氏=22日、鳥取市尚徳町のとりぎん文化会館
2月例会

コロナ禍が歴史変える 池上氏 オンラインで講演

 日本海政経懇話会2月例会(新日本海新聞社主催)が22日、鳥取市のとりぎん文化会館を主会場に開かれ、ジャーナリストで東京工業大リベラルアーツ研究教育院特命講師の池上彰氏が「ニュースの見方~日本と世界の大問題」と題してオンラインで講演した。池上氏は「コロナ禍の今は歴史が大きく変わる分岐点。未来の子どもに感謝される歴史を作ろう」と訴えた。